1/8

予防整備

「いつ替えるのか?転ばぬ先の杖」

 お客様の通常使用頻度で、半年以内に消耗限度を迎える部品は交換します。車検時には、下廻りを洗浄し防錆塗装を施します(融雪剤、塩害の予防)。エンジンオイル交換時には、内部洗浄し減摩剤を加え内部金属部の摩耗を防ぎます。

 

長年の経験と技術の元で、最適な交換時期をご提案し、ご説明します。

納期と金額

「いくらかかって、いつ直るの?」

 自動車修理では、専門的な用語が多く、修理方法も不確定な場合があります。

お客様の最大の関心事である『納期と金額』を迅速に提示し、ご説明します。

お電話やLINEを使って、分かりやすく丁寧な説明を心がけます。

選択と集中

「きれいに直すのか? 安く直すのか?」

 自動車修理では、修理の方法もいくつもあります。鈑金塗装などでは「きれいに安く」が理想ですが、予算によってはリサイクル部品を使ったり、簡易塗装で済ます場合もあります。

 当社では、修理方法についてお客様にいくつかのプランを提示し、メリット・デメリットをご説明の上修理します。一般に金額と仕上がりは比例します。

自動車のカルテ

「いつどんな修理を行ったか? 次の交換時期は?」

 新車時の1ヶ月点検から、現在に至るまでの修理履歴を保存しております。エンジンオイルをはじめとする定期交換部品の履歴、突発修理の履歴など、愛車の履歴を管理することで、代替えの時期の提案が可能になります。

「きれいな車は長持ちする」

 酸性雨や花粉、ばい煙等によって車のボディは常に過酷な状況におかれています。ボディコーティングは、車の表面に皮膜を形成することにより、こうした有害物質から塗装を守り、輝きを保ちます。

 当社で施工されたお客様は、持ち込みの手洗い洗車を無料サービスさせていただいております。また、1年ごとの点検時にはコーティングの状態を確認し、必要な場合は無料で再加工させていただいております(※お車の状態によっては料金が発生する場合があります)。

「お客様と一緒にきれいな車をつくる」

 いつでも洗車においでください。

 きれいな車は大事にするので、実は長持ちします。洗車時にスタッフが外装をチェックしますので、鳥のフンなどで手遅れになる前にお手入れができます。

Copyright © 2017 WARASHINA JIDOUSHA All Rights Reserved.